ハードでもやりがいのある命の仕事!

なぜ医療現場はハードか

医療現場がハードなのは、医師の仕事によって人命が助かるか否かを分けるからです。良い仕事をすれば助かる可能性が高まりますし、段取りが悪かったりミスをすればそのまま人命は失われます。緊急の場合は一刻を争いますので、時間をかけることもできません。更に患者はいつ発生するか分からず、例え睡眠中であっても起きて対処しなければならない時があります。
常に気を張らなければいけませんし、もしミスがあれば患者家族から訴えられる危険性もあります。仕事内容、時間すべてにおいてハードだと言えますが、それ故にやる気が出る方にとっては最適な職です。自分の手で一人の人命を救う、これは他の職業ではあまり得られない特別な経験です。

社会的地位の確立と高収入

医師は社会的地位が高く、誰からも羨望の眼差しが向けられます。恋愛の場でも安定した生活が想像でき有利に進めることが可能ですし、ローンなどを組む場合でも疑われることなく契約できます。
人命に関わる仕事をしているので責任が大きい代わりに収入も大きいです。医師になるには何年も勉強や実習を繰り返す必要があり、そこには強い意志があります。なので患者の命を救うという強いやりがいを感じつつ高収入を得るという二つのメリットが常に心の支えになります。時には何時間も寝れず、失敗して精神的に落ち込むこともありますが、次の仕事はすぐに始まります。
医療現場など命の仕事は、すべての人間の為になると言っても過言ではありません。